1. HOME
  2. 健康お役立ち情報
  3. 今月の話題
  4. 歯と口のケアについて

歯と口のケアについて

食べることは生きるということです。自分の歯で毎日食事をおいしく食べることは、栄養の摂取ばかりでなく、心と体の健康を保ち、生きる意欲につながります。歯と口のケアは、虫歯や歯周病予防の為だけでなく、全身の健康を守るためにとても大切です。今回は歯と口のケアについて説明します。

口腔ケアとは

口腔ケアは、自分自身で行う毎日のケア(セルフケア)と歯科医師・歯科衛生士によるプロフェショナルケアがあります。また要介護者ではこれらのケアに加えて、介護職や看護職によるケアが大切です。

セルフケア

  • 大切な歯ブラシや歯間清掃用具を選び、隅々まできれいに清掃する。
  • 虫歯を引き起こす甘味食品の量を制限し、栄養バランスのとれた食事をよく噛んで食べる。
  • 全身のリラクゼーションに心がけ、顔面、口腔をよく動かし、摂下のための良好な口腔機能を保つ
  • フッ化物入り歯磨き剤を使用し虫歯予防に役立たせる
  • 定期的に歯科検診を受ける

専門的口腔ケア

  • 虫歯、歯周病の状況を診て、全身状態、口腔内の状況に合った適切な口腔清掃のアドバイス
  • 日常的には清掃できない部位の専門的歯面清掃
  • 口腔機能の維持、回復を図る機能的口腔ケア
  • 食介護への支援
  • フッ化物洗口など、予防に関係する薬剤の紹介と正しい使い方の指導
専門的口腔ケア 専門的口腔ケア 専門的口腔ケア 専門的口腔ケア 専門的口腔ケア

口腔ケアで誤嚥性肺炎予防へ

介護予防においても口腔ケアによる予防効果が期待できます。

1.専門的口腔ケアを実施した場合、口腔と咽頭の細菌数が減少します。
気道感染は、気道にウイルスや細菌が入ることで起こりやすくなります。口腔ケアは気道感染症の予防に効果が期待できます。

2.継続した口腔ケアによって、要介護高齢者の嚥下までの時間が短縮しました。誤嚥性肺炎の予防につながります。

3.口腔ケアによって、舌や唇の機能が改善し、食べる量が増え栄養状態の改善が期待できます。これにより免疫能の向上につながります。

専門的口腔ケア

花粉症が起こる原因

これからの時代、寝たきりや認知症にならないで、健康で元気に年を重ねることが大事です。それには、歯と口をケアして歯の寿命をのばすことが大切です。健康なお口ではつらつした生活を送りましょう。これから先もずっと健康にすごすために、あなたのかかりつけの薬局へなんでもどうぞご相談ください。



監修


  株式会社 医療経営研究所
薬剤師 富永 敦子
NPO法人 ふぁるま・ねっと・みやぎ理事/(社)宮城県薬剤師会常任理事/
(社)日本薬剤師会編集委員/みやぎ21健康プラン推進協議会委員
1959年生   茨城県出身
1982年   東北大学薬学部卒業


この記事をおすすめする