季節の変わり目の体調管理について

そろそろたばこをやめようかなと思っている方も多くいます。
たばこをやめたいけれどやめられない方は、実は「ニコチン依存症」かもしれません。ニコチン依存症になると禁煙は、自分一人ではなかなか達成できません。禁煙する方法のひとつに「禁煙外来」を受診する方法があります。禁煙外来では、医師があなたの喫煙歴をきちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方を行い、治療の経過を見守ってくれます。禁煙にチャレンジしてみませんか。禁煙外来について概要を説明いたします。

禁煙外来を実施している医療機関

「禁煙外来」はどこの医療機関でも行っているわけではありません。禁煙外来の施設基準があり一定の条件を満たした医療機関です。まずお近くの禁煙外来を行っている医療機関を探しましょう。これはインターネットで検索することができます。禁煙外来を行うと表示されていても、医療機関によっては健康保険が使用できない場合もありますので、事前に電話で問い合わせをしましょう。医療機関によっては予約制となっているところもあります。禁煙外来の時間と健康保険の適用可能かどうかの確認を行いましょう。

禁煙外来を実施している医療機関

保険適用の要件

禁煙外来では、健康保険が適用される要件があります。ご自分の状況はいかがでしょうか?

1.直ちに禁煙しようと考えている
2.ニコチン依存の判定テストが5点以上
3.1日の喫煙本数×喫煙年数=200以上(35歳未満はこの要件はありません)
4.禁煙治療を行うことを文書により同意している

※過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。なお、最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います。

標準的な禁煙治療プログラム

禁煙治療は12週間が基本です。その間に診察を5回受けます。治療中最も大事なのは、医師に相談せずに中断してはいけません。5回の診察を受けた方と、診察を中断した人の禁煙成功率の差は明らかです。

初回の診察

  • ニコチン依存症かどうかを調べます。
  • 呼気中の一酸化炭素濃度の測定も行います。
  • 医師と相談しながら、禁煙開始日を決めます。禁煙宣誓書にサインをします。
  • 禁煙したことがあるかどうかや健康状態を医師へ伝えます。禁煙にあたって、ニコチンが切れた時の対処方法についてアドバイスを受けます。
  • 禁煙補助薬の特徴と使い方の説明をうけて、飲み薬の「バレニクリン」または、貼り薬の「ニコチンパッチ」を選択します。

第2回目:2週間後
第3回目:4週間後
第4回目:8週間後

  • 診察では禁煙(喫煙)状況の確認と体調のチェックを行います。
  • 呼気中の一酸化炭素濃度の測定を行います。
  • 禁煙を継続するためのアドバイス(ニコチン依存症の対処方法など)
  • 禁煙補助薬の効果の確認と副作用への対応などを行います。

バレニクリンを用いた禁煙方法

バレニクリンは禁煙のための飲み薬です。
バレニクリンの作用は、ニコチン受容体に結合して、禁煙によるイライラなどの症状を軽くします。たばこを吸うことでニコチンが受容体に結合するのを邪魔して、禁煙中に一服しても満足感がでません。

バレニクリン

注意事項

ニコチン製剤との併用はできません。腎臓に病気がある場合は主治医にご相談ください。
気になる症状が現れた場合は主治医にご相談ください。
気分が落ち込む、焦りを感じる、不安を感じる、死んでしまいたいと感じる等
吐き気、上部腹痛、お腹の張り、便秘、頭痛、普段と違う夢、不眠

服用方法

1~3日目まで:喫煙しながら0.5mg1日1回食後服用します(朝でも夕でもよい)
4~7日目まで:喫煙しながら0.5mg1日2回 朝夕食後に服用します。
(禁煙してもよいです)
8日目以降:禁煙開始。1mgを1日2回 朝夕食後に服用します。
12週間は服用継続します。

問題点と対処方法

1~2週間:イライラがあるときは、深呼吸や水を飲んだり、カロリーの少ないガムを口に入れたりしましょう。
3~4週間:禁煙が続けられるかどうか不安になることがあります。一日吸わないと気楽な気持ちで続けましょう。お酒の席やタバコを吸う方が集まるところにはいかないようにします。
5週間以降:禁煙の効果が出て体調がよくなってきます。体重が増えてくるころです。甘いものを控えたり、食事を軽めにし、運動をしながら体重を記録していきます。ときどきタバコを吸いたくなりますが、徐々に弱まってきますので、少しのあいだ我慢したり、深呼吸や水を飲むなどしましょう。1本くらいと思って吸うと元の状態に戻ってしまいます。誘惑に打ち勝ってください。

ニコチンパッチを用いる方法

皮膚から徐々にニコチンを補給して、禁煙時の離脱症状を和らげる方法です。

貼り方

4週目まで:ニコチネルTTS30を1日1枚24時間貼付します。
6週目まで:ニコチネルTTS20を貼付します。
8週目まで:ニコチネルTTS10を貼付します。

注意事項

貼付場所は、上腕部、腹部或いは腰背部です。毎日場所を変えて貼付してください。 貼付場所は清潔にしてから貼付します。入浴後に貼付するときは、水分を拭いてから貼付してください。かぶれや発赤やかゆみが出たら、中止し医師へ相談しましょう。

12週間後

禁煙治療はここで終了です。医師の診察をうけて、禁煙成功と告げられます。おめでとうございます。ここまできたのですから自信をもって禁煙を継続してください。
「1本ぐらい大丈夫だろう」は元の木阿弥になります。喫煙の害を思い出し、禁煙の目標をもう一度心に呼び起こしてください。

ニコチンパッチ

最後に

タバコ依存症と思われる方は、禁煙外来を受けて禁煙にチャレンジしましょう。禁煙成功はその方の人生を変えると言われています。健康な生活を送るためにぜひ禁煙にとりくみましょう。これから先もずっと健康にすごすために、あなたのかかりつけの薬局へどうぞご相談ください。

標準的な禁煙治療プログラム


監修


  株式会社 医療経営研究所
薬剤師 富永 敦子
NPO法人 ふぁるま・ねっと・みやぎ理事/(社)宮城県薬剤師会常任理事/
(社)日本薬剤師会編集委員/みやぎ21健康プラン推進協議会委員
1959年生   茨城県出身
1982年   東北大学薬学部卒業


この記事をおすすめする