1. HOME
  2. 健康お役立ち情報
  3. 今月の話題
  4. 季節の変わり目の体調管理について

季節の変わり目の体調管理について

夏の冷え・秋の体調不良はなぜ起おこる?

 秋風邪の原因は
・夏の冷えによる疲れが残る
・急激な気温の変化
・空気の乾燥

と考えられます。
 季節の変わり目は気温の変化に左右されながらも体温を一定に保とうとするため、疲れがたまり免疫力が下がることがあります。

体の冷え

 夏は暑さのため冷房の効いたところに長時間いたり、冷たい飲み物を飲んだりしていたのではないでしょうか?これらは熱中症にならないために必要なことですが、体が冷えを引き起こしてしまう恐れがあります。

体の冷え

自律神経のバランス

 秋口になると朝晩の気温が下がるため、体の冷えが始まります。その一方で9月の日中はまだまだ暑い日が続きます。寒暖の差で自律神経のバランスが崩れやすく「なんとなく体がだるい」「胃腸の調子が悪い」「すぐ疲れる」「頭痛がする」といった体調不良の原因になります。

寒暖差アレルギー

 近年、寒暖差アレルギーになる人が増えています。
 鼻水・鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎のような症状で「風邪の症状は無い」「目の充血が無い」「鼻水が透明」という特徴があります。成人女性に症状が出やすいといわれています。

寒暖差アレルギー

空気の乾燥

 秋が深まるにつれ、空気が乾燥していきます。空気が乾いているときは汗をかいてもすぐに乾いてしまうため、汗をかいていることに気づかず水分補給を怠ってしまいがちになります。

空気の乾燥
もしかして…「季節性うつ病」かも!?

季節の変わり目を元気に過ごすには?

体を温める

 夏の冷えの改善のためにも日常的に体を温めることを意識して過ごしましょう。温かい飲み物やスープなどを飲むようにする。食事に生姜など体を温める香辛料を使う。シャワーではなく湯船にゆっくりとつかる。寝具を暖かいものに取り換える。など涼しくなりだす朝晩からでも心がけられるといいですね。

体を温める

水分を積極的にとる

 秋は夏に比べると水分補給をすることが減っていきますが、先ほど挙げたように、気づかないうちに汗をかいて水分が不足した状態になってしまっている可能性があります。喉を潤すだけでなく水分補給ができているかも気にかけましょう。水分補給には常温のミネラルウォーターや白湯がおすすめです。

水分を積極的にとる

早寝早起き&日光を浴びる

 規則正しい生活は自律神経のバランスを整え、免疫力を高めることができます。また、朝に太陽を浴びることも自律神経の働きを高めてくれ、「気分の落ち込みを解消する」など精神の安定にもつながります。秋の夜長でつい遅くまで起きてしまいそうになりますが、秋こそ早寝早起きし、朝の太陽の光を浴びながら活動してみてはいかがでしょうか?

早寝早起き&日光を浴びる

〇〇の秋を楽しむ

 秋は新しいことを始めたり五感を使って楽しんだりするのに適した季節だといわれています。秋は涼しくなり運動もしやすくなります。他にも芸術、行楽などにいい季節です。筋肉を使うようなしっかりとした運動でなくても紅葉を見ながら散歩するなど、○○の秋を積極的にとりくむことでリラックスや気分転換をしてみませんか?

〇〇の秋を楽しむ
季節の変わり目の体調に注意して、健康的に秋を楽しみたいですね。
Meron家族 秋の体調管理


監修


  株式会社 医療経営研究所
薬剤師 富永 敦子
NPO法人 ふぁるま・ねっと・みやぎ理事/(社)宮城県薬剤師会常任理事/
(社)日本薬剤師会編集委員/みやぎ21健康プラン推進協議会委員
1959年生   茨城県出身
1982年   東北大学薬学部卒業


この記事をおすすめする