1. HOME
  2. 健康お役立ち情報
  3. 今月の話題
  4. 熱中症を予防しよう

熱中症を予防しよう

はじめに

 熱中症とは、温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の以上など、様々な障害をおこす症状のことです。熱中症は予防できますので、しっかり対策をとっていきましょう。

はじめに

熱中症の分類と対処方法

熱中症の分類と対処方法

暑さ指数

 暑さ指数(WBGT:Wet Buld Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として、1954年にアメリカで提案された指標です。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとりに着目した指標で、①湿度 ②日射・輻射(ふくしゃ)熱など周辺の熱環境 ③気温の3つを取り入れた指標です。
環境省のHP(http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php)に、地点を入力すると、厚さ指標がわかりますので、確認してみてください。28℃以上の時間帯は要注意です。

暑さ指数

 暑さ指数(WBGT)は労働環境や運動環境の指針として有効であると認められ、ISO等で国際的に規格化されています。日本生気象学会では「日常生活に関する指針」を下記の通り公表しています。

日常生活に関する指針

熱中症の予防法

 熱中症の予防には、「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。

水分・塩分補給

 こまめに水分と塩分をとりましょう。特に高齢者、障害者、障害児の方はのどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給をしましょう。

水分・塩分補給

熱中症になりにくい室内環境

 扇風機やエアコンを使って28℃を超えないように温度調節をしましょう。
室温があがりにくいように、こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、うち水など心がけましょう。
部屋の温度をこまめにチェックしましょう。

体調管理

 こまめに体温を測定しましょう。特に高齢者、障害者、障害児、こどもは測定しましょう。
体をしめつけない涼しい服装ですごしましょう。通気性のよい、吸湿・速乾の衣服がよいでしょう。外出時は帽子をかぶり、日陰を利用しましょう。
暑いときは保冷剤・氷・冷たいタオルなどで体を冷やしましょう。
日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりをしていきましょう。
保護者の方や介護者の方は、顔色や汗のかき方を十分に観察しましょう。

体調管理

最後に

 年々気温が高くなっています。急速な地球温暖化が原因でしょうか。大気も不安定で急激な雷雨もおこっています。全国どこでも熱中症に起こりやすい状況です。自らを予防することが必要です。外出は炎天下を避けて、室内ではエアコンなどつけて、十分な休息を取るようにしてください。ご心配なことなどございましたら、あなたのかかりつけの薬局へどうぞご相談ください。



監修


  株式会社 医療経営研究所
薬剤師 富永 敦子
NPO法人 ふぁるま・ねっと・みやぎ理事/(社)宮城県薬剤師会常任理事/
(社)日本薬剤師会編集委員/みやぎ21健康プラン推進協議会委員
1959年生   茨城県出身
1982年   東北大学薬学部卒業


この記事をおすすめする