1. HOME
  2. 健康お役立ち情報
  3. 今月の話題
  4. 腸内環境とお肌について

腸内環境とお肌について

 「便秘で肌が荒れる」と自覚している方は少なくないのではないでしょうか。便通の改善で肌荒れがよくなることから、便秘と肌トラブルが密接に関係していることは、明らかです。また、肌トラブルの原因のひとつとして、便通についての注目が高まっているように思います。今回は腸内環境とお肌の関係について考えてみましょう。

手足口病

 便秘は女性に多いといわれています。女性は排卵前から月経前まではその時期に多く分泌される黄体ホルモンの影響で、腸の蠕動運動が弱くなります。また、黄体ホルモンの影響で体全体がむくみやすい状態になっており、体が重く不快感がおこります。月経前は便秘になりやすい時期といえるでしょう。そしてその時期に肌のトラブルが起きる方も多いといわれています。
 また、便を押し出す腹筋が弱いのも男性に比べて女性が便秘になる原因です。では便秘になるとどうして肌荒れになるのでしょうか?

便秘と肌荒れ

 便秘が肌荒れを起こす原因は、「有害物質がたまって体をめぐるから」という説がありますが、本当のところはわかっていません。また、便秘に伴って「自律神経の働きが乱れ皮膚の血行が悪くなるため」ともいわれています。肌荒れの原因は特定できるものではありませんが、便秘の時の腸内環境はどうなっているのか考えてみましょう。

便秘と肌荒れ

腸内環境~善玉菌と悪玉菌~

 腸内には主に有益な働きをする善玉菌と主に有害な働きをする悪玉菌、善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢なほうになびく日和見菌がいます。
 善玉菌の代表としては乳酸菌やビフィズス菌があり、免疫力を高め、腸内環境を整え病原菌の増殖を防ぎ、コレステロールの抑制、ビタミンB群などを生成したりするといわれています。
 一方悪玉菌の代表はウェルシュ菌で、免疫力を下げアレルギーなどの症状につながるなどといわれています。便の悪臭は悪玉菌が作り出す有害物質の影響です。個人によって腸内細菌の種類や構成比は人それぞれで、体質や年齢、食生活などによって変わります。
 便秘になると、便が腸内に長くとどまるので善玉菌が減少します。また、食事をとらなかったり偏った食事をとっていると、悪玉菌が増えている状態になってきます。つまり便秘で食欲がないと悪循環が起こっていくこととなります。便秘になっていると悪玉菌優勢の状態であり、免疫力が低下しアレルギーなどの症状を起こしやすくなっていると考えることができるでしょう。

腸内環境~善玉菌と悪玉菌~

肌のためにできること

 便秘にならないように腸内環境を整えていけば、自然とお肌もトラブルが少なくなってきます。よりよい腸内環境改善を実行してみるとお肌の状態も良くなってくるでしょう。そのためのステップをご紹介します。

ステップ1:よい便をつくる

 良い便をつくるためには、食物繊維をとることです。食物繊維は大便の主要な要素。豆類やイモ類などに多い不溶性食物繊維をたっぷりとると大便の量をしっかり増やせます。海藻類やきのこなどの水溶性食物繊維は、水分を程よく含んだ大便を作ります。

ステップ1:よい便をつくる

ステップ2:便を育てる

 良い便を育てるためには、善玉菌が優勢の腸内環境を維持することです。乳酸菌やビフィズス菌の入ったヨーグルトやドリンク、漬物、みそ、納豆などの発酵食品を摂ることが大切です。

ステップ2:便を育てる

ステップ3:便を出す

 快便のためには便を出す力が必要です。排便を促す蠕動運動は1日に1~2回おこると言われています。そのタイミングを外してしまわないようにしましょう。忙しかったりストレスがあって便意を我慢すると腸の動きが悪くなっていきます。我慢せずトイレにいくようにしましょう。腸腰筋(大腸と骨盤の間の筋肉)を鍛える運動も行うようにしましょう。ももあげ運動、屈伸運動、ウォーキングなどお勧めです。

ステップ3:便を出す

最後に

 私たちの健康は「腸を鍛えることから」といわれています。美容に関しても同じです。肌のトラブルは精神面でもいいことはありません。自分の健康と美容のために腸内環境を整えましょう。そのためには基本的な生活習慣を見直し、食事と運動を検討してみてください。ぜひあなたのかかりつけの薬局へどうぞご相談ください。



監修


  株式会社 医療経営研究所
薬剤師 富永 敦子
NPO法人 ふぁるま・ねっと・みやぎ理事/(社)宮城県薬剤師会常任理事/
(社)日本薬剤師会編集委員/みやぎ21健康プラン推進協議会委員
1959年生   茨城県出身
1982年   東北大学薬学部卒業


この記事をおすすめする