1. HOME
  2. 健康お役立ち情報
  3. 今月の話題
  4. 口臭や知覚過敏について

口臭や知覚過敏について

お悩み1:口 臭

 人と話をする時つい気になってしまう口臭。身だしなみ同様に、大事なエチケットとも言える口臭ケア。口臭の原因をご存じでしょうか?ここでは「生理的口臭」「病的口臭」「飲食物・嗜好品による口臭」「心因性の口臭」の4つに分類して、それぞれの原因に応じた対策を考えてみましょう。

口臭の種類と対策

1.生理的口臭

 誰でも体験する寝起き・空腹・緊張・ストレス等が原因となっている口臭は、治療の必要はありません。女性の場合はホルモンバランスにより口臭を感じることがありますが、一時的なもので心配することはありません。

生理的口臭

2.病的口臭

 むし歯・歯周病などの口腔内や、胃炎・副鼻腔炎・糖尿病といった様々な疾患が原因となる口臭があります。舌苔(ぜったい)ができて口臭を感じることがあります。

病的口臭

3.飲食物や嗜好品による口臭

 喫煙やニンニクなど臭いの強い食べ物が原因で一時的な口臭となる場合があります。動物性食品や脂肪分の多い食物のとり過ぎも、体臭や口臭の原因となることがあります。

飲食物や嗜好品による口臭

4.心因性口臭

 自臭症とも言われる思い込みの口臭です。口臭がないのに思い込み、精神的に病んでいる状態です。

心因性口臭
改善策
ドライマウスについて

お悩み2:知覚過敏

 知覚過敏は、むし歯でもないのに冷たい物を食べたときに歯がしみて痛い病気です。歯を覆っているエナメル質の下には象牙質と呼ばれる神経が通っている場所があり、表面のエナメル質が何らかの原因で傷つくと、神経が通っている象牙質がむき出しとなり冷たい物や物が当たることで歯がしみます。

知覚過敏の原因

<刺激>
間違った歯みがき・歯みがき粉にふくまれる研磨剤・歯ぎしり・酸
<加齢>
歯肉の後退による象牙質の露出
<病気>
歯周病・むし歯
知覚過敏
改善策
歯磨きの基本

お悩み3:歯茎からの出血

出血の原因

 歯みがきをしている時、歯茎から出血する原因のほとんどは歯周病と言われています。放置すると症状が悪化し、歯を支えている骨が溶けたり歯が抜ける可能性があります。歯周病は喫煙によりリスクが高くなったり、糖尿病の悪化にもつながります。

歯茎からの出血
唾液のパワー!
Meron家族


監修


  株式会社 医療経営研究所
薬剤師 富永 敦子
NPO法人 ふぁるま・ねっと・みやぎ理事/(社)宮城県薬剤師会常任理事/
(社)日本薬剤師会編集委員/みやぎ21健康プラン推進協議会委員
1959年生   茨城県出身
1982年   東北大学薬学部卒業


この記事をおすすめする