咳について

はじめに

 気温が下がってくると咳を訴える方が多くなります。なかなか治らなくて困っている患者さんも少なくないですね。咳は、気道内に異物が入ってきたり、異常に分泌物が多くなったりしたさまざまな異常に対しておこる生体の防御反応の一つです。咳嗽(がいそう)を起こす代表的な病気とその治療薬について取り上げます。

咳の分類

 咳嗽は、3週間以内を「急性咳嗽」、3週間以上8週間以内を「遷延性又は亜急性咳嗽」、8週間以上を「慢性咳嗽」といいます。(1)1年のうちほとんどを通して(2)1年のうち数か月ほとんど毎日症状がある(3)季節ごと、月ごとに定期的に再発する、のいずれか一つでもあれば慢性と考えます。

 急性咳嗽は、かぜ症候群が大半を占め、胸部X線で異常があれば肺炎、肺結核、うっ血性心不全などを疑い、X線で異常がなければ感冒、急性気管支炎、アレルギー疾患などを疑います。

 遷延性・慢性の咳嗽は咳喘息や気管支喘息が多く、副鼻気管支症候群やアトピー咳嗽、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、胃食道逆流症(GERD)などがあります。乾いた咳なのか、痰が絡んだ咳なのかによっても、疾病を予測することができます。

また、血圧の薬の中には副作用として咳を増やすものもありますし、女性ホルモンの関係で閉経後に咳が増えることもあります。そのような場合は、原因となる薬を中止し、原因を取り除くことが必要です。

咳の分類

咳嗽治療薬について

抗菌薬が処方される場合

 マイコプラズマ肺炎、肺炎クラミジア、百日咳などは周囲への感染力が強く重症化する可能性があります。また、抗菌剤の効果が高いといわれていますので、抗菌剤を服用します。副鼻腔気管支症候群では、マクロライド系抗菌薬(14・15員環)が、マイコプラズマ肺炎、肺炎クラミジアなどではケトライド系薬、レスピラトリーキノロンなどが代表的です。医師は、感染症に適応した抗菌剤を処方しますので、自己判断は避けて、医師に処方された通りに抗菌剤を服用して下さい。

咳嗽治療薬

鎮咳剤

 中枢性鎮咳剤といわれ、咽頭や気道にある咳を感知するところを介しておこる咳反射を弱め、咳を抑える作用があります。コデインという麻薬の成分が入っている咳止めと入っていない咳止めがあります。また、両方の成分が配合されている咳止めもあります。服用する量を守ることが必要です。

 コデインが入っている薬は、眠気、悪心、便秘などを起こす可能性があります。この薬剤は喘息の発作時には用いません。また、長期にわたっての服用はしないようにしましょう。その他の咳止めでは、めまいや口渇などが起こる場合があります。注意しましょう。

去痰薬

 痰が絡んだ咳に有効です。気道の痰の結合を溶かす作用、粘液の質を変える作用、粘液の量を減らす作用、粘着性をさげる作用などあります。咳止めと一緒に服用するとよいでしょう。

その他

 アトピー性咳嗽や咳喘息では、抗アレルギー薬やステロイドが処方されます。胃食道炎逆流による咳嗽では、消化性潰瘍の治療薬が処方されます。気管支喘息では、気管支拡張薬が処方されることがあります。

生活指導

禁煙:
タバコはのどや鼻の粘膜を刺激し、気道に炎症を起こします。禁煙しましょう。
マスクの着用:
咳によって他の人にうつさないためにも、マスクを着用しましょう。
気道の確保:
寝るときはマクラの加減で気道が下がらないように工夫しましょう。
気温の変化に注意:
気温が急激にさがると、感染をおこし気道が収縮して咳反射が起きやすくなるので、室内の保温や保湿に気を付けましょう。
うがい:
「がらがらがら」とのどにまで届くようにうがいをしっかり行いましょう。
生活指導

最後に

 咳の症状があっても、3週間以内に治らない場合は、医療機関に受診し原因を突き止めるようにしましょう。マイコプラズマ肺炎では、抗菌剤の服用によって劇的に治癒します。また、咳の症状で心不全に気づいた例もあります。気温がさがってくる季節には、咳を含めた体調管理に気を付け、感染予防としてうがいや手洗いを徹底しましょう。ご心配なことは、あなたのかかりつけの薬局へいつでもご相談ください。



監修


  株式会社 医療経営研究所
薬剤師 富永 敦子
NPO法人 ふぁるま・ねっと・みやぎ理事/(社)宮城県薬剤師会常任理事/
(社)日本薬剤師会編集委員/みやぎ21健康プラン推進協議会委員
1959年生   茨城県出身
1982年   東北大学薬学部卒業


この記事をおすすめする