1. HOME
  2. 健康お役立ち情報
  3. 今月の話題
  4. ワクチンについて

ワクチンについて

ワクチンは、ヒトなどの動物に接種して感染症の予防に用いる医薬品です。 イギリスの医学者エドワード・ジェンナーが牛痘にかかった人間が天然痘にかからないことを発見し、これにより天然痘ワクチンを作ったことから始まりといわれています。 今回は日本のワクチンについて解説します。

予防接種とは

予防接種とは

予防接種は、さまざまな病原体に対する免疫を持たない感受性のある者あるいは免疫の増強効果を目的とする者を対象に行われるもので、 感染予防、発病防止、重症化予防、感染症のまん延予防などを目的にしています。妊娠前の女性に予防接種をして、 先天性の異常や周産期感染を防いだり、流産や早産を予防したり、母子感染予防のためにも用いられています。

予防接種をすれば、多くの人がその疾病に対する免疫を獲得しますが、その免疫効果は100%ではありません。 ワクチンを接種したにもかかわらず、抗体を得られなかった人は、予防接種後もその疾患に罹患する可能性があります。 また、インフルエンザHAワクチンのように血液中の抗体を作るワクチンでは、 インフルエンザウイルスの感染を完全に防御できませんが、感染した後の重症化を防ぐ効果は期待できます。

ワクチンの種類

ワクチンは、『生ワクチン』『不活性ワクチン』『トキソイド』に大別されます。また発病の予防と治療のためには抗毒素があります。

生ワクチン

病原菌を極度に弱めた(弱毒化した)ウイルスや細菌等をワクチンとしたものです。

不活化ワクチン

大量に培養されたウイルスや細菌からウイルス粒子や細菌の菌体を集めて精製した後、加熱やホルマリン等の薬剤を用いて処理し、病原性をなくしたものです。

トキソイド

病原体が増殖する過程で産生される毒素(トキシン)をホルマリンで処理し免疫原性を失わせずに無毒化したものです。

一般的に不活性ワクチンやトキソイドは生ワクチンンよりも一定の期間が経過すると免疫力が低下しやすいので、追加接種は必要となります。

抗毒素はワクチンが開発されていない疾患で、罹患した時の治療の一環もしくは毒蛇による咬傷時等、発病予防として使用するものです。

ワクチンの種類

その他、接種時期や詳細などは、『一般社団法人 日本ワクチン産業協会HP』をご参照ください。

最近の任意予防接種ワクチン

Hibワクチン(ヘモフィルスインフルエンザ菌 b型ワクチン)

どんな病気を防ぐの? 接種年齢や接種回数は?
Hib髄膜炎を予防します。Hib髄膜炎は発症すれば適切な抗菌薬による治療を行っても、死亡する症例が稀ではなく、てんかん、難聴、発育障害のような長期間に症状が残る後遺症を併発することがあるため、感染予防が重要です。 接種の対象者は2か月以上5歳未満の小児です。初回免疫として、2か月以上7か月未満の者に対して、4週間から8週間(医師が必要と認めた場合は3週間)の間隔で3回皮下に接種するものとし、1回につき接種量は0.5mLとします。
追加免疫として、3回目の接種後おおむね1年の間隔で1回皮下に接種するものとし、接種量は0.5mLとします。

HPVワクチン(子宮頚がんワクチン)

どんな病気を防ぐの? 接種年齢や接種回数は?
子宮頸がんは、ほとんどが ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染が原因となっています。そのウイルスへの感染を予防して子宮頸がんを予防するワクチンです。 接種の対象者は感染防止の効果が高い中学1年生から高校2年生に相当する年齢の女子に対して、ワクチン接種の公費助成(無償)が行われています。 但し、対象年齢及び助成期間等は市町村により異なります。おおむね半年で計3回の接種が必要です。

ロタウイルスワクチン

どんな病気を防ぐの? 接種年齢や接種回数は?
激しい嘔吐・下痢を繰り返すロタウイルス胃腸炎は5歳までにほぼ100%の子供がかかると言われ、生後3ヶ月を過ぎてからの初感染時に重症化しやすいことが知られています。 接種の対象者は生後6-24週の子供に、4週間の間隔を空けて2回の経口接種をします。 但し、生後20週までに1回目、生後24週までに2回目を接種しなければ、それ以降は出来なくなるため、 生後2ヵ月で1回目、生後3ヵ月で2回目の接種が目安となります。

不活化ポリオワクチン

どんな病気を防ぐの? 接種年齢や接種回数は?
ポリオウイルスへの感染は乳幼児がかかることが多いため、小児マヒと呼ばれていました。 ほとんどは知らない間に免疫ができますが、経口感染して腸管に入ったウイルスが脊髄前角を侵すと手や足に麻痺を起こす可能性があります。 不活性化ワクチンには、単独及び4種混合(※)の接種方法があります。 初回接種の対象者は生後3か月から12か月の子供に3回(20日から56日までの間隔をおく)の接種が必要です。 また、追加接種の対象者は初回接種から12か月から18か月後(最低6か月後)に1回の接種が必要です。 なお、この期間を過ぎた場合でも、生後90か月(7歳半)に至るまでの間であれば接種ができます。 過去に生ポリオワクチンを受けそびれた方も、対象年齢内であれば、不活化ポリオワクチンの定期接種を受けることは可能です。

(※)厚生労働省では、平成24年11月より現行の3種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風)と単独の不活化ポリオワクチンに代わる新しいワクチンとして、 4種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)の導入を進めました。

いずれも一般的な情報に過ぎないため、実際に予防接種される医療機関の指示・説明をご確認のうえ、各位にてご判断ください。

最後に

ワクチンの注意点について
最後に
1. 予防接種を受けたあとの30分間は、接種場所でお子さんの様子を観察しましょう。
   やむを得ず帰宅する場合には、すぐ先生と連絡がとれるようにしておきましょう。
2. 生ワクチンでは3週間、不活性ワクチンでは24時間は副反応の出現に注意して観察しましょう。
3. 接種当日ははげしい運動はさせないようにしましょう。
4. 入浴はさしつかえありませんが、注射した場所はこすらないように注意しましょう。

著者プロフィール


  株式会社 医療経営研究所
薬剤師 富永 敦子
NPO法人 ふぁるま・ねっと・みやぎ理事/(社)宮城県薬剤師会常任理事/
(社)日本薬剤師会編集委員/みやぎ21健康プラン推進協議会委員
1959年生   茨城県出身
1982年   東北大学薬学部卒業


この記事をおすすめする