1. HOME
  2. 健康お役立ち情報
  3. 今月の話題
  4. 災害時に役立つアイデア・豆知識(2/2)


 



防災グッズを点検しましょう

いざという時の助けとなる防災グッズですが、買った時のまま、中身を確認していないという方も多いのではないでしょうか?家族構成や人数に合わせて、定期的に必要な物品を確認してみましょう。  


非常食
保存期間が長く火を通さないでも食べられる食品。レトルト食品、インスタント食品、クラッカー、缶詰など。缶切りが不要な缶詰が便利です。
 
飲料水
1人につき1日3リットルを目安に、最低3日分用意しましょう。保存期間の長い飲料水なども販売されています。
 
医薬品
常備薬や応急処置が出来る程度の用意を。包帯、バンソウコウ、ガーゼ、消毒液、体温計、はさみ、ピンセット、傷薬、目薬、解熱剤、かぜ薬、など。
衣類
重ね着の出来る衣類や防寒具、毛布、下着類、靴下、手袋、雨具、カイロなど、防寒できるものを中心に。
 
停電時用
懐中電灯、携帯ラジオ、予備の電池、ろうそく(倒れにくいもの)、マッチなど。携帯ラジオはライト付きの手巻きの充電式が便利です。
 
その他
赤ちゃんがいる家では、ミルク、ほ乳瓶、離乳食、おむつ、着替えなど赤ちゃんのための防災グッズを。

停電時の注意点

停電時に電気を使わない暖房器具を使用する際には一酸化炭素中毒などの事故への注意が必要です。最近の高気密化が図られた住宅などでは、十分な換気を行なわないと一酸化炭素などが充満し大変危険です。実際に停電時に室内で発動発電機や七輪を使用し、病院へ搬送される事例が報告されています。  



最後に

この度の東日本大震災により被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。 健康に関する不安・相談などがございましたら、あなたのまちのかかりつけ薬局へどうぞご相談ください。

著者プロフィール


  株式会社 医療経営研究所
薬剤師 富永 敦子
NPO法人 ふぁるま・ねっと・みやぎ理事/(社)宮城県薬剤師会常任理事/
(社)日本薬剤師会編集委員/みやぎ21健康プラン推進協議会委員
1959年生   茨城県出身
1982年   東北大学薬学部卒業



   


この記事をおすすめする