1. HOME
  2. 健康お役立ち情報
  3. 今月の話題
  4. 体によいお風呂の入り方(1/3)

体によいお風呂の入り方を3つのポイントでご紹介!あなたに合った入浴方法をご覧ください。
   

はじめに

お風呂は、体の汚れを落とす目的だけでなく、昔からリウマチや腰痛などの治療にも取り入れられてきました。しかしながら、逆に間違った入浴のために体調を崩すこともあります。今回は、体調に合わせたより効果的なお風呂の入り方をみていきましょう。


あなたのお風呂の入り方は適切でしょうか?チェックしてみましょう!


あらためて知ろう 入浴3大効果

普段なにげなく入っているお風呂には、カラダに良い効果がたくさんあります。特に基本となる効果を見てみましょう。


お湯につかると体が温まり、疲れを癒す効果があります。温熱作用の効果としては、皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血流が良くなります。それにより体内の老廃物や疲労物質が除去され、コリがほぐれます。また、内臓の働きを助け、自律神経をコントロールする作用もあります。

お湯の中では腹部や足などが数センチ細くなり、それに伴い静脈やリンパ管も水圧によって圧迫されます。お湯から上がると水圧がなくなるため、全身の血行が良くなるのです。体に負担をかけずに、無理なくゆったりとお湯に浸かるためには、みぞおちから乳頭部くらいの高さがちょうどよい水位といわれます。

入浴すると、浮力により重力の影響から多少開放されるため、身体を支えている筋肉や関節の緊張が和らぎます。
水の抵抗を感じない程度に身体を動かすと、副交感神経がほどよく刺激され、心臓をはじめとする臓器は休息状態に入り、心拍数が下がります。これにより、心身ともにリラックスするのです。


ここがポイント!入浴のススメ




     


この記事をおすすめする