1. HOME
  2. 健康お役立ち情報
  3. 5分でできる健康体操
  4. 免疫力を高めて風邪予防

5分でできる健康体操

乾布摩擦

適度な皮膚刺激は免疫力をアップし、血行をよくするので風邪の予防になります。

  • むこうずねの外側を乾いたタオルで上から下にこすりましょう。 次に足首から足の甲をさすりましょう。
  • うでの後ろがわを肘から手首にむけてさすりましょう。次に手の甲を手首から指先にかけてさすりましょう。
  • 左右ともに鎖骨の下を外側から内側にこすりましょう。
  • タオルを後ろにまわし、背中の両肩の間をさすりましょう。

お風呂から上がったら、木綿など自然素材の乾いたタオルで3~5回程度軽くさすってみましょう。
あまり強くさすると肌を痛めてしまいます。さすったところが少し赤くなるくらいでOKです。

つぼ

風邪予防や風邪のひきはじめに効く「つぼ」を試してみよう!

  • これら2つのつぼは、親指と人差し指の骨の付け根の間にあり、ちょうど手の表裏にあります。
    反対側の手の親指と人差し指で両方のつぼを挟むようにして、力をいれながらよく押し揉んでください。
    感冒点は呼吸器の働きをよくし、合谷はいろいろな症状に効く万能なつぼです。

※効果には個人差があります。

他の健康体操を見る

この記事をおすすめする